どこに転がっているかわからない男女の出会い

本当にあった最高の出会い体験

どこに転がっているかわからない男女の出会い

職場と家の往復のみで、異性と出会う機会はまったくないという人がいます。

 

でも本当にそうでしょうか。家の玄関を出て駅まで行き、

 

電車の中から改札口、その後会社までの道のりの間じゅうずっと、同性にしか会わないということはありません。

 

また、私の幼馴染の女性も出会いが全くないと言いますが、彼女の会社に仕事でお邪魔させてもらったときは、大手生命保険会社で部署もたくさんあり、社内食堂もちょっとしたフードコートほどの規模でした。しかも社内でスポーツチームを複数抱えていて、どこに出会いが無いの?と逆に聞いてしまいたくなるほどの環境でした。

 

確かに会社によっては既婚のおじさん上司たちと独身の若い女性だけといった職場もあると思います。

 

でも、本当に出会いがほしいのならば、趣味やボランティアでも、今いる活躍の場を少し離れて活動範囲を広げるだけでも必ず異性と出会いがあるはずです。

 

友人A子は女性ばかりの職場で出会いが無いといつも言っていました。ある日、かねてから好きだったアーティストのライブに一人で行き、開場前に並んでいた時に、後ろに並ぶ一人の男性とカバンが当たったことがきっかけで話すうちに意気投合し、一緒にライブを観、その後お付き合いするまでに発展しました。

 

どこに出会いが転がっているかわかりません。出会いがないと思っているうちは、自分磨きに力を注ぐのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ホーム サイトマップ