オンラインカジノって違法じゃないの?

オンラインカジノをインターネットで検索すると必ず出てくる文字が「違法」という文字ですよね。

そのためオンラインカジノが違法なのではないかと考えてしまう人たちも多く、一般的な賭博と混同してしまい不安に感じてしまい利用したくてもできないという人もいるでしょう。

確かに日本では賭けごとは禁止されていて、逮捕される人も時々います。

しかし、オンラインカジノは根本的に異なり、インターネットの法律に則って運営されていることを知っておくと安心して利用することが出来ます。

インターネットの法律は運営国のルールに従うことになっており、日本でプレイをする場合であっても運営国が別なら、その国のルールに従うことになります。

つまり、運営国でカジノが合法化されていれば、そのカジノが日本向けに提供しているサービスを利用しても合法ということです。

この点を理解していないと、国内でオンラインカジノを楽しむのは違法だと思ってしまって誤った認識をしてしまうことになり安心して利用することが出来ないはずです。

まずはルールについて詳しく知っておくことが大切です。

カジノを運営する側にはライセンスが必要であり、厳しい審査を経てライセンスを取得しています。

つまり、ラインセンスをきちんと習得した企業が運営を行っているということになり、そこで提供されるサービスを利用するのも全く問題ないという結論になります。

既に合法だと理解して楽しんでいる人も増えているようですが、まだ違法だという誤った認識を持っていて始められない人も多いようです。

ただ、過去に日本でオンラインカジノを利用していた人が逮捕された事件がありました。

逮捕されたのであれば違法じゃないか?って思ってしまうかもしれません。

逮捕=違法とどうしても考えてしまいますよね。

過去に逮捕された人の多くは自ら罪を認めた略式起訴となりました。

略式起訴というのは簡単に言えば罰金刑になるのですが、逮捕された人の中に不当と考えて裁判で争う姿勢を見せました。

すると警察はすぐに起訴を取り下げて不起訴(無罪)としたのです。

つまり現状の法律では有罪にすることが出来ないと判断して取り下げたのです。

憶測ではありますが、警察はいくつかの逮捕者を出すことで略式起訴に追い込んでオンラインカジノは違法だという印象を世間に流したかったつもりがまさか裁判をするとは思わなかったため取り下げたのではないでしょうか?

不起訴(無罪)となったことでよりオンラインカジノが合法であるということが立証されたのでプレイヤーは今まで以上に安心して利用することが出来ます。