バカラのルール

オンラインカジノはインターネットを使用したカジノとなり、バカラを楽しむことができます。

バカラはトランプを使用したテーブルゲームで賭ける際はルールが存在し、プレイヤーの勝ちに賭ける、バンカーの勝ちに賭ける、あるいは引き分けを当てるの3つの中から選択する必要があると考えて間違いありません。

ディーラーがノーモアベットと言うまでに賭けたい場所へチップを置きます。

その後ディーラーがトランプを配り、勝敗が決まります。配り方は、1番目と3番目はカードはプレイヤーに配られ、2番目はバンカーに配られます。

基本のルールは、トランプが2枚、最大3枚ずつ配られ、合計数字の下一桁が9に近い方が勝ちとなります。

数の数え方に関しては、2から9はそのままカウントし、Aは1となります。

10とJ、QとKは10とカウントすることになると考えて間違いありません。

具体的には、7と8を引いた場合合計数は15となりスコアは5、Kと7と6引いた場合は合計数が13となりスコアは3となります。

最初に配られたトランプの2枚を比べ、どちらかが合計が8か9の場合高い方が勝ちとなった場合、ナチュラルと呼びます。

プレイヤーかバンカー、どちらかがナチュラルになると、ナチュラルの勝ちと考えて間違いありません。

プレイヤーの合計が5で、バンカーの合計が8の場合は、バンカーの勝ちと考えてよいです。プレイヤーとバンカー共にナチュラルの場合は、スコアの高いほうが勝ちとなります。

共にナチュラルでスコアが同じである場合は引き分けとなり、ナチュラルではない場合はゲームが継続され、条件が整うと3枚目のカードが配られることになります。

具体的には、プレイヤーの場合は、最初の2枚の合計が1から5であればトランプを引き、6以上の場合はトランプは引きません。

バンカーの場合、最初の2枚の合計が6以下で、プレイヤーの方が高い場合はトランプを引きます。7以上なら、トランプは引きません。

賭けに勝った場合はチップの支払いがあり、賭け額と同額のチップが払われます。

バンカーが勝つに賭け勝った場合はカジノ側に5パーセントの手数料を支払う必要があり、差し引かれて払われることになるため、あらかじめ認識しておく必要があります。

引き分けになった場合は、チップはそのまま戻されることになります。

バンカーとプレイヤーのカードのスコアが同じ場合で、引き分けに賭けていた場合は、賭けたチップの8倍が払われます。