ブラックジャックのルール

ブラックジャックはトランプを使って遊ぶゲームであり、非常に有名です。 最近では、オンラインカジノでもブラックジャックで遊ぶことが出来ます。

やってみたいけどルールが分からないという方のために、ここでは基本的なルールについて説明していきたいと思います。

簡単に言うと、カードの合計の数が「21」をこえないようにして、プレイヤーがディーラーよりも高い点数を取ることを目指すゲームです。

基本的にはプレイヤーとディーラーの1対1の戦いということになりますが、プレイヤーが何人かいる場合には複数のプレイヤー対ディーラーという形で戦うことになります。

「2」から「10」までのカードの場合にはそのままの数として数えます。

ジャック、クイーンやキングといった絵札の場合には全て「10」として数えることになるので、注意してください。

そして、エースに関しては「1」か「11」のどちらかとして数えることが可能なカードとなっています。

そのため、自分に状況にとって有利な数を選択することのできる便利なカードというわけですね。

プレイヤーがベットを終えた後に、ディーラーが自分も含めて全員にカードを2枚ずつ配ります。

ディーラーのカードのうち1枚は表向きとなっており、全員が見ることができる状態となっています。

そしてもう一枚は裏向きで伏せられているため、確認することは出来ません。

プレイヤー全員の行動が終わった後に表向きとなり、カードを確認出来ます。

プレイヤーのカードは全て表向きの状態で配られることになります。

この時点でプレイヤーの合計点数が「21」となった場合には「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれる状態となり、プレイヤーの勝利となります。

逆にディーラーが21になったときにはディーラーの勝利です。

どちらとも21の状態になった場合は引き分けです。

最初のカードを配り終えた後、プレイヤーはヒットとスタンドのどちらかを選択してゲームを進めることになります。

まずヒットですが、これはカードをもう一枚引くことです。

そしてスタンドですが、これはカードを引かずにその時点の点数で勝負することです。

「21」をこえない限り何回でもヒットすることが可能ですが「21」をこえてしまうとその時点でプレイヤーの敗北となります。

プレイヤー全員がスタンドしたらディーラーは伏せておいた自分のカードを表向きにします。

ディーラーは自分の点数が「17」以上になるまでカードを引き続けなければならず、「17」以上になるともうカードを引くことは出来ません。

ディーラーの点数が「21」以上になった場合、スタンドしたプレイヤーの勝利となり、ディーラーの敗北となります