マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、競馬や競艇などのギャンブルの投資の一つの方法で、自分のかけるお金を2倍にしていくというものです。

例えば、競馬や競艇などの基本の購入ができる最小の単位は100円のため、マーチンゲール法は100円からスタートすることができるもので、そのレースで100円をかけたら次は200円、その次は400円とかける金額が倍になるということで2倍のオッズの配当が当たったと仮定するならば利益がややあるということです。

マーチンゲール法を実践するにあたっては、買い目は1点のみになり配当が2倍のものが当たれば利益を出すことができますが、1

点でかけたオッズ(倍率)が3倍以上だったときや万馬券や万舟券と言われる100円をかけた場合でも一万円以上になるオッズが当たった場合には利益はそれだけ大きいことになります。

オッズには1倍台という2倍にも満たないこともあるため、1倍台のオッズが的中した場合にはマーチンゲール法では利益を出すことは逆にできないでしょう。

このようなことから、基本的には2倍以上の場合のオッズに1点のみかけることで利益が出るという可能性があるものですが、8回目ではかけるためのお金が100円からスタートした場合でも12,800円というように一万円を超えてしまうため、かけるための金額が大きいことで当たらなかったときのリスクは逆に大きいものです。

すべてのレースで同じように実践していくことは何回も不的中が続いた場合にはそれだけリスクが大きいということから、実践するレースを最小限に絞り込むことも必要になってくるでしょう。

競馬や競艇などには本命党と穴党と言われる人がいますが、本命党というのはオッズが低くても当たる確率の高いものにお金をかけることで、支持率の高いものに投資をする人が本命党と言われる人です。

それとは逆に穴党と言われるのは、万馬券や万舟券のようなものを狙うことで支持率は低くても当たった場合の配当が大きいことで穴を狙いたいということになります。

マーチンゲール法での投資では、たしかに穴党の人が1点買いで的中をすることができれば利益はそれだけ大きいものにもなりますが、確率からは非常に可能性が低いためこのような方法を継続させていくことは難しく、本命党の場合には支持率が高いものに対しての投資のためそれだけ的中をさせる確率は穴党の人に比べると高いもので、1点のみを買い目とした場合には本命党のほうが適している投資です。

マーチンゲール法は負けた場合は倍々に賭ける金額を上げていくものですが、上限が設定されているカジノもありますし、資金力がないとなかなか難しいものでもあります。

マーチンゲール法は有名で簡単に始められるものですが、資金力に余裕がない場合は控えるようにしましょう。